トップイメージ
カードを持っていると、加入会社から利用明細が送られてきます。これらの利用代金明細を見るよう習慣づけていればどこで何時ごろカードを何円利用したのかという詳細事項が記されているためこれまで使った決済の履歴を見るに非常に容易で便利でもあります。代用は目的から外れるため不便に違いませんが、家計簿みたいなものとして見ることも可能なので金銭管理にももってこいです。なおこのカード利用代金明細が届いてから一般的に一か月後経つか経たないかで利用代金の支払いが行われます。つまりはクレカ明細書を目ざとく見ていて感覚的に記憶にない項目、もし本当に行ったこともない場所が表の中にあれば、クレジットカード会社に電話をして調査してもらえばOKなことが多いでしょう。もしカード不正使用に類する異常な使用が発見されたような時でも、利用者に問題がない場合は大抵の事例ではクレジットカード会社が疑わしい支払いを請求しないようにしてくれます。今時はこれらのクレジットカード利用代金明細をパソコン画面で見られるサービスが一般的になっています。いつでもある月にどういったものを決済したかを把握しておく決まりにして第三者利用に用心するのはもちろんのこと収支記録ともなり家計管理でさえもこれだけで足りてしまいます(パソコン画面で使用履歴を参照できるカードは昔の利用可能ポイント数などが確認できます)。クレジットカードはこういった意味でもかなり有用な武器なのではないでしょうか。

リンク

Copyright © 1998 www.stackcss.xyz All Rights Reserved.